プライベートサロン タラソテラピー専門店 代々木 【エレガントタイム】 | タラソテラピーとは

営業時間:10時~22時 (ラストオーダー:20時30分)

お問い合わせ

  • コンセプト
  • タラソテラピーとは
  • メニュー
  • アクセス
  • フィトメール製品

タラソテラピーとは

タラソテラピーの歴史

タラソテラピーの歴史

タラソテラピーの歴史

タラソテラピーの歴史は古く、その起源は紀元前の古代ギリシャ・ローマ時代にまで遡ります。当時のギリシャ、ローマは軍事国家で、常に戦争が絶えない時代でした。
戦争で負傷した兵士たちは、海水に浸かって傷を癒したと伝えられています。"医学の父"とよばれる古代ギリシャ人のヒポクラテスは、病気の治療に海水入浴を推奨し、治療薬として海水を飲むことを勧めていました。哲学者のプラトンも、ヒポクラテスの治療法で病気を治したそうです。

タラソテラピーの歴史

中世に入ると、ローマ帝国の衰退とともにタラソテラピーも途絶えてしまいます。当時の人々は、風呂に入る習慣がなかったため、不衛生な環境の元、ペスト等の伝染病が広がり、多くの人々が命を落としました。

再びタラソテラピーが注目されるようになったのは、16世紀のフランスです。国王の皮膚病が治癒したことをきっかけに、再び治療や研究が行われるようになりました。

このように、タラソテラピーの風習はヨーロッパの歴史と関わっています。

18世紀に入って近代医学が発達すると、 海水の効用や成分の研究、人間の病気や怪我などへの影響と
いった分野で多くの業績が見られるようになりました。
その流れを受け、 世界初のタラソテラピー施設が誕生したのは1899年のこと。
フランス人医師ルイ・バゴが、温かい海水を用いてリウマチの治療を施しました。
2度に渡る世界大戦や製薬業の発達から見過ごされてきたタラソテラピーも、 20世紀半ば頃からの自然医学、自然療法に対する再評価で息を吹き返しました。

(参考)タラソテラピーの歴史とその周辺知識
http://www.knifeofdreams.com/thalassotherapynorekisitosonosyuuhenntisiki (2017年10月5日)

(参考)古代より愛用されてきたタラソテラピー
http://www.thathera.com/whatis/history.html (2017年10月5日)

以上、タラソテラピーの歴史を振り返ってまいりましたが、
以下のコンテンツは、"タラソテラピー伝道師"を目指す、私、勝俣杏梨が

「どうして、こんなにもタラソテラピーは心地良いのか?」
「どうして、身体だけでなく心までもが癒されるのか?」

を日々、考えてきたことをまとめたものです。ぜひ、ご一読ください。
※特に女性の方には、最後まで読んでいただきたいです。

考察1 . 人と海との関係について

人と海との関係

人と海との関係

地球は約46億年前に誕生し、最初の生命は約40億年前に誕生しました。生命は誕生してから長い長い年月をかけて進化し、人類が登場したのは地球誕生の歴史を考えるとごく最近のことです。生命の発祥は海か、もしくは海に近いところから始まり、水とは切り離せない関係を持っています。生命が水から陸上に上がるときには、太古の海の環境を細胞内に閉じ込めること(=原始の海の環境を体内に持つこと)で陸上の生活にも適応してきました。

このことは、陸上で生きる生き物の血液の塩分濃度が、ほぼ同じであることが物語っています。※現在の海水は、地上の岩塩などが長い間に溶け込んだため、太古の海水に比べて塩分濃度が3倍にもなっています。 海水がしょっぱく感じるのはこのためです。

タラソテラピーは、海水、海藻、海泥などの自然な海の恵みを使用します。つまり、揮発性化合物の混合物である精油を使ったアロマテラピーよりも、人の身体との親和性がバツグンなのです。

考察2 .月と海との関係について

月と波との関係

月と波との関係

海には「満ち潮(満潮)」と「引き潮(干潮)」の状態があります。「引き潮(干潮)」のときは、海水が引いて浅瀬があらわれます。逆に「満ち潮(満潮)」になると、その浅瀬は海水で隠れてしまいます。この潮の満ち引きは「月の引力によって」おこっているのです。

さらに、月の引力のみでなく、さらに遠い太陽の引力が加わる時があります。それは、地球→月→太陽が一直線に並ぶ時(=新月)です。この時の「満ち潮(満潮)」 は最大の高さとなりますので、「大潮」と呼ばれています。

このように、月や太陽が地球に及ぼす影響は大きく、私たち人間にも、月の影響があって不思議はありません(昔から、「満月のときは出産しやすい」とか、「人が亡くなるときも、月の満ち欠けと関係がある」と言われます)。

新月はバイオリズムの観点からも、『新たな始まり』のエネルギーとされています。この時期は『浄化』の作用が最も強くなります(月だけでなく、太陽の引力も加わる訳ですから、吸引力は最大になっています)。エレガントタイムでは、月のリズムに合わせて、「ムーンデトックスコース」をご用意しています。ぜひ、新月の『浄化』パワーをお試しください。

(参考)潮の満ち引き
https://www.kaijipr.or.jp/mamejiten/shizen/shizen_16.html (2017年10月5日)
http://juku-ru.com/tide.htm (2017年10月5日)

(参考)新月の影響
http://serendipity-japan.com/waxing-and-waning-of-the-moon-658.html (2017年10月5日)

考察3 .胎児と海との関係について

胎児と海との関係について

胎児と海との関係について

海水の成分は96.5%が水ですが、食塩が多量に含まれています。水以外の成分のうち92%は塩の成分で、残りが金、銀、銅、ウラン、アルミニウムなどです。この海水の成分は、血液の中のタンパク質などの大きな分子を除いたものと類似しています。細かくいうと、その中のマグネシウムやカルシウムなどのミネラルの比率がほとんど同じなのです。

さらに、胎児にとって生活の場である羊水のミネラルバランスも海水とほぼ同じです。胎児は約10ヶ月かけて羊水の中で成長しますが、その成長には海水と同じ成分の羊水が必要ということです。

また、胎児は約10ヶ月で"5億年の進化をたどる"と言われています。すなわち、単細胞の生命から始まって、心臓が動き出し、受精後30日ぐらいから魚類になり、両生類になり、手が生まれ、爬虫類になり、哺乳類になり、やがて刻々と人間(ヒト)になっていきます。

以上のことから、海水、海藻、海泥などの自然な海の恵みを使用するタラソテラピーは、"細胞レベルで私たちをリラックス感・幸せ感に包んでくれる施術"と言えるのではないでしょうか。

(参考)海水と羊水のミネラルバランス
http://kenko-jouhou.com/water/kaisui.html (2017年10月5日)

(参考)胎児、進化の旅は5億年、1日は160万年以上のスパンに相当する
https://ameblo.jp/m-6458/entry-11586347079.html (2017年10月5日)

考察4 .女性と月との関係について

女性と月との関係について

女性と月との関係について

満月の夜に産卵するカニの話は有名ですが、人間の生没も「満月」や「新月」に多いことは統計上明らかだそうです。また、女性の月経周期の平均は29.5日ですので、月齢の一周期と全く同じです。このような不思議な一致からも、私たち女性の身体は月の満ち欠けの影響を受けていると考えられます。

"太陽は男性、月は女性"と称されるように、月は女性と関わりが深く、満月前後に生理が始まったり、新月の前後に排卵となる女性が多いようです。私達の身体の大部分が水分ですので、月が潮の満ち引きに関係しているように、月の引力が私達の身体に与える影響は自然な事でしょう。欠けていく月の時は「放出」し、満ちていく月には「吸収」をすると良いとされています。

エレガントタイムでは、施術を受けていただく前に、カウンセリングを行います。
お客さまの体調や月の影響も考慮して、最適なコースをご提案させていただきます。

(参考)月と人との深い関わり
http://www.c-mam.co.jp/life/woman/e/001307.php (2017年10月5日)

(参考)月の満ち欠けと女性のからだ
http://w.grapps.me/beauty/20160203-16/ (2017年10月5日)

考察5 .スピリチュアル効果について

スピリチュアル効果について

スピリチュアル効果について

ユングは、人間の深層心理に共通して存在する感覚、集合的無意識という概念を提唱しましたが、洋の東西を問わず、大昔から海に『浄化』の作用があることは認められています。

また、お清めの際には「塩」を用いますが、同じ塩でも、陸から生成される「岩塩」が使われることはありません。わざわざ海の塩を使うということからも、海の『浄化力』=魂を清めるということに繋がっているのでしょう。

恐らくですが、"水が万能溶媒で油以外は全て溶かす"という科学的解釈よりも、私たちのずっとずっと低層の意識化に、海から生まれた原初生命体としての記憶が残っているのかも知れません。

エレガントタイムのコンセプトは"五感で癒やす"ではありますが、特にリラックス感・幸せ感に包まれる、「フィトメール製品」の心地よい香りを嗅覚からご堪能ください。きっと、私たちの意識化に眠る"魂"が癒されることと思います。

(参考)集合的無意識の不思議
http://www.j-phyco.com/category1/entry5.html (2017年10月5日)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。
以上が勝俣杏梨が日々、タラソテラピーについて考えてきたことです。

こちらを読んで、少しでもタラソテラピーに興味・関心を持っていただけましたら幸いです。
そして、ぜひ、"五感で癒やす"エレガントタイムへ!ご来店をお待ちしております。